乳酸菌と便秘の関係

皆さんは便秘になり、苦労した経験はありますか。

このような場合にはあらゆる原因が考えられますが、栄養に関して考えたほうがよいかもしれません。

特に便秘の場合に一度考えてみたほうがいいと思われるのが、乳酸菌を取ることです。

乳酸菌を取ることで、悪玉菌の増殖が抑えられます。

腸内には、善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌の3つが存在しています。

善玉菌は腸内にプラスになり、悪玉菌はマイナスになるといった考え方でよいと思います。

便秘解消 サプリ

そして日和見菌というのは、善玉菌が多いと、プラスの働きをして、悪玉菌が多いとマイナスの働きをするといった両方の働きをするものです。

そのため、腸内には善玉菌がたくさんいるといった状態が一番理想的です。

だからこそ便秘には乳酸菌の力が必要となっていきます。

そのような乳酸菌が多く含まれている食品には、ヨーグルトなどの乳製品、そして意外なものとしてぬか漬けなどの発酵食品です。

乳酸菌を含んだ食品を取っていくことで便秘が改善する可能性は高いです。


次の記事も読んでね!!

  1. 乳酸菌と便秘の関係
  2. テスト